弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第243回 不良品かどうかを裁判官が自ら実験 

毎日新聞によると
ひったくり防止のキャンペーンで
大阪府警が配布した自転車のかごのカバーが
不良品かどうかが訴訟で争われたそうです。

このカバーについては
「ボタンが固すぎて外れない。うまくつけられない」
という苦情が殺到したため
発注したイベント会社が納入業者に対し
代金を支払うことを拒んだそうです。
これに対し、
納入業者が商品は納入したので代金を支払え
と訴訟を起こしたようです。

イベント会社は、カバーが不良品なので
代金の支払義務はないと争ったほかに
カバーを作り直して納入するのに
さらに費用がかかった上に回収にも費用がかかった
として損害賠償を求めたようです。

この点は、よくある裁判で
僕も同様の裁判をしたことがあります。

この毎日新聞の記事で
注目すべき点は
裁判官と裁判所職員である書記官が
200枚のカバーを手分けして
不良品かどうか
確認したということです。
あまり裁判官が実験してみる
ということはしませんが
商品がたくさん残っていたということ
簡単な作業で不良品かどうか確認できる
という条件が揃ったので
裁判官も自ら確認してみることにしたのでしょう。

問題なく外せたのは
裁判官71枚、書記官60枚だったそうです。

残りは不良品だったということになります。

判決を書くとすると
この割合で、代金の請求を認めるか
不良品の割合が多いから全部請求はできないとするか
問題は残ります。

そこは、裁判官が当事者をうまくまとめて
不良品が多いことから
納入業者は代金の請求をしないこととし
正常な商品もあったことから
イベント会社は回収費用や作り直し費用は
請求しないということにしたようです。

解決としては良い結果となったかもしれません。

ちなみに、
僕が以前やったキャンペーンで配布した商品については
相手が納入した商品が不良品で、代金を支払い義務がないことと
作り直し等で余計にかかった費用の損害賠償請求の両方が
判決で認められました。
それにもかかわらず、相手が任意に支払わないので
預金の差押えをして回収しました。
( 2017/04/25 00:00 ) Category 訴訟・裁判 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR