弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第252回 無料で貸した土地はいつ返してもらえるか 

1か月前に、
無料(ただ)で貸したものはいつ返してもらえるか?
というお話をしました。

最近の判例集を見ていたら、一年前くらいに
ちょうど、その点が争いになった判例が載っていたので
紹介します。

姉が弟に対し、土地を無料で貸してから43年も経過したことから
使用貸借は終了したとして
建物を取り壊して、土地を明け渡すよう求めたものです。

もともと、祖父が姉に国から払い下げを受けるよう勧めて
姉が土地を取得しました。
その後、弟は、父や長男と共有で、建物を建てました。
姉は、無料で、土地を貸していました。
その後、父は亡くなり、長男も弟に持ち分を贈与したりして
弟は複数の建物を全て、単独所有することになりました。

父親の相続の際、父親の遺産は、
弟がほとんどを相続しました。

そこで、姉は、自分は土地の所有者なのに全く収益を得ておらず
弟ばかり、土地を使用して収益を上げていて
おかしいということで
使用料の支払いを求める調停を起こしました。

しかし、調停は不成立となり、逆に弟側に立つ母親が姉相手に
土地の所有権を否定する訴訟を起こしてきました。

判決は
このようなことがあって、
当事者間の信頼関係に変更が認められて
43年間もの間、姉が自分の土地から何も収益を得ておらず
弟は相応の収益を得て来たことを考慮すると
土地が弟の自宅兼仕事場になっていて
姉はこの土地以外に住むところがあって
直ぐに明け渡しを求める必要はない事情があったとしても
本件土地を使用収益をするのに必要な期間は経過した
として、
姉の明け渡し請求を認めました。

この判決は、
土地を建物所有目的で無償で貸したとしても
40年以上経過すれば
土地の返還を求めることができるというものです。

逆に言うと、
当事者の人間関係にもよりますが
土地を一度無償で貸してしまうと
建物の寿命である30年から40年は
貸し続けなければならないということでもあります。









( 2017/06/27 00:00 ) Category 不動産 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR