弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第144回 センターラインオーバーの方が被害者? 

報道によると、センターラインをオーバーした自動車の助手席に座っていた男性が
対抗車線を走っていて自動車に衝突して死亡しました。
そして、死亡した男性の遺族が、衝突した自動車の運転手に対し
損害賠償を求める訴訟を起こしました。
その事件の判決は驚くべきもので、対向車線を走っていた
自動車の運転手に賠償責任が認められてしまったのです。

自動車は危険なものなので、
自動車賠償責任法により
運行供用者責任という
重い責任が課せられており
運転手側が過失がないことを証明しないと、
賠償責任を負うこととなっています。

通常は、被害者が加害者の過失のあることを立証する義務があるので
過失があるかどうかわからないときは、
加害者に賠償責任は認められないこととなっていることを
考えると
大分被害者に有利になっています。

本件の判決は、対向車線を走っていた自動車の運転手に
過失がなかったかどうかわからないから
賠償責任が認められるとしています。

しかし、センターラインをはみ出してきた自動車と
対抗車線を走っていた自動車の衝突事故では、
これまで、センターラインをはみ出した自動車の過失が10割で
対向車線を走っていた自動車の過失は0割とされてきました。
即ち、対向車線を走っていた自動車の運転手に過失はないとされてきたのです。

みなさんも、一方の自動車がセンターラインをはみ出してきた事故であれば
はみ出してきた方が全面的に悪いと思うのではないでしょうか。

そういう意味で、
この判決の内容はかなり特別な判例で、
法律家の僕でも、そんな判決あるの?
と思ったくらいです。

どうしてこの判決がこのような内容となったかというと
死亡した助手席の男性の遺族を救済するためだった
推測されます。

センターラインをはみ出した自動車は死亡した男性のものを知人の大学生に
運転させていたようです。
車の所有者が入る自動車賠償責任保険(いわゆる自賠責保険)は、被害者が自分の場合は
適用がありません。
また、男性が入っていた任意保険は運転手が自分あるいは家族であれば
被害者が自分でも適用がありましたが、運転手は知人の大学生ということで
任意保険の適用がありませんでした。

そこで、この判決を書いた裁判官は
本来被害者である対向車線を走っていた自動車の運転手に
過失がないかどうかわからないから、賠償責任を負うとして、
対向車線を走っていた自動車の自賠責保険により
助手席の男性の遺族に賠償をを与えて救済しようとしたと推測されるのです。

対向車線を走っていた自動車の運転手は、判決で賠償責任はあるとされましたが
実際にお金を払うのは自賠責保険なので、運転手の懐は痛まないので
良いだろうと裁判官は思ったのかもしれません。

この判決は、
センターラインをはみ出してきた方を被害者とする
常識に反するひどいものなのか
それとも被害者救済を考えた大岡裁きなのか
みなさんはどう思いますか?




( 2015/04/28 00:00 ) Category 話題の裁判・事件 | トラックバック(-) | コメント(-)

第143回 ファウルボール事故は観客の自己責任か 

プロ野球の観戦中に観戦者がファウルボールに当たり失明した女性が
球団などに損害賠償請求を求めた訴訟で、
約4200万円の賠償責任が認められました。

この判決については
観客の安全を考えると観客席の前に高い
ネットを張るしかなく、野球の臨場感が薄れるなどという
批判がなされています。

確かに、せっかく野球場まで来て野球を見ているのに
ネット越しにしか選手やプレーを見られないのでは
野球場まで来て観戦する意味はないかもしれません。
とすれば、
ネットを取り外し、観客は野球場でプレーしているときは
プレーに注視していなければ
ケガをしても自己責任とした方がよいかもしれません。

しかし、それをするためには、
観客に対し、野球を知らない人、反射神経が衰えている高齢者
2時間以上の野球を集中して見られない年齢の子供などは
ネット裏あるいは外野でしか観戦させない措置が必要だと思います。
野球の打球の速さや当たった場合の痛さなどがわからない人にとっては
場内アナウンスで危険だと言われても、
自分がどの程度危険なのか理解はできないものです。

でも、今のプロ野球は、野球を知っている野球を本当に好きな人だけに
観戦者を限定しているわけでなく、観客増員のため、
むしろ家族連れや女性などが積極的に
観戦に訪れるよう働きかけをしていると思います。

観客動員を増やし、野球に詳しくない人も含めて野球観戦に来てもらい
ファウルボールに当たっても自己責任とするのであれば
自己責任を取る前提として
観戦前に野球の打球の速さや危険性について、
教える機会を設けた上で観戦してもらう
ということが必要だと思います。

でも、そこまでしないと野球を見られないというと
面倒なので野球を知らない人は足が遠のくということになってしまうかもしれません。

その辺を球場や球団がどう考えるかということになります。
( 2015/04/21 00:00 ) Category 債権回収(貸金、売掛金、損害賠償) | トラックバック(-) | コメント(-)

第142回 子供の起こした事故の親の責任は? 

みなさんは、子供が事故を起こしたら親が責任を取るのは
当然だと思っている方が多いと思います。

いろいろ相談に乗っていると
子供が成人していても、
子供が犯罪を犯したら
親が責任を取るのは当然だとか、
子供が成人していても
子供が借金を返さないときは
親が代わりに払うべきだなどと
考えている人が多いからです。

子供が成人していても
そのように考える方が多いのですから
未成年の子供の起こしたこととなれば
親が責任を負うのが当然と考えているだろうと
思われるわけです。

法律も、子供が起こした事故については
親の監督責任を認めています。
子供は判断能力に乏しいばかりでなく
支払い能力にも乏しいことから
これまで裁判所は親の監督責任を
広く認めてきました。

ところが、今回最高裁は
親の監督責任を無制限に認めるのではなく
子供の行為が日常生活で普通の行為であれば
親の監督責任は免れられる
という判断をしました。

この判決を受けて、親は子供の監督責任が無くなった、
あるいは
認知症の老人を介護をする人の監督責任が無くなった
ような報道が一部でなされています。

しかし、最高裁は、あくまでも、日常的に行うことが普通の行為であれば
親の監督責任はないということなので、
いじめやけんか、禁止されている場所でのキャッチボールなどで
事故が起きた場合はやはり親は監督責任を負うこととなると思います。

また、認知症の老人が線路に入り込んでしまうことも
日常の普通の行為とは言えないので
やはり今回の最高裁の論理からは
介護する人に監督責任があるという判断になると思います。




( 2015/04/14 00:00 ) Category 話題の裁判・事件 | トラックバック(-) | コメント(-)

第141回 偽弁護士が法律事務所の共同経営者になっていた 

弁護士資格を持たない偽弁護士が
逮捕されました。
と言っても、日本ではなくアメリカの話です。

この偽弁護士、司法試験の結果と弁護士免許、
大学の卒業証書、弁護士登録証を偽造し
10年間も共同経営の法律事務所で
弁護士として働いていたそうです。
そして、弁護士として有能であることが認められて共同経営者にまで
なっていたそうです。

日本では、どの弁護士も弁護士会に所属しなければならず
事務所に弁護士会から広報誌や弁護士会からの連絡が届くので、
仮に、弁護士バッジや弁護士登録証や司法試験の合格証などをうまく偽造したとしても
共同事務所では、他の弁護士や事務職員から
弁護士会から全く連絡が来ないのはおかしいということになり、
直ぐにわかってしまうと思います。

しかし、一人で偽弁護士が事務所を営んでいた場合
まず、顧客となるみなさんが偽弁護士か本当の弁護士かを
区別することはできないと思います。
ただ、裁判や交渉をすると、
相手方弁護士が弁護士会の名簿等で確認したりすることが多いので
偽弁護士であることがばれてしまう可能性があります。

みなさんの周りに、事件を依頼しても相談しか受けてくれない
1人で事務所を営んでいる弁護士がいたら
偽弁護士かもしれません(冗談です)。

最近、弁護士を語る偽物からみなさんに通知が出されるケースも増えています。
弁護士かどうかは日本弁護士連合会のホームページで
検索できますので
おかしいと思ったら日弁連のホームページで連絡先を確認して
その弁護士に電話してみてください。




( 2015/04/07 00:00 ) Category 話題の裁判・事件 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR