弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第235回 ネットの書き込み削除要請は弁護士しかできない 

インターネット上で、個人や法人の名誉棄損の書き込みがなされることは
最近のネット社会ではよくあることです。

この削除要請に目を付けてビジネスとしてきたのが
削除要請代行業者です。

この削除要請代行業者をめぐる裁判の判決が
ありました。

事案は、削除要請代行業者が削除要請の依頼を受けて
報酬を得たことについて
削除要請は、紛争の解決行為なので
弁護士しかできないことから
弁護士でない代行業者が報酬を得る契約は無効なので
支払った報酬を返せというものです。

この点、代行業者は、削除要請はサイトのフォームを使って
削除の依頼をしただけなので弁護士しかできない法律事務ではないと
反論しました。

しかし、裁判所は
削除要請自体が依頼者の人格権に基づく削除請求権の行使なので
サイトの運営業者に削除義務を発生させるもので
弁護士しかできない法律事務だと判断しました。

そこで、判決は依頼者が代行業者に対し支払った報酬の返還を認めました。
依頼者は慰謝料の請求もしたようですが
それは認められなかったようです。

ネット上で名誉棄損の書き込みをされることが多く
削除要請に応じないサイトもあって最終的に解決に至らない場合もありますが
資格を持たない業者よりも弁護士の方が信頼ができると思いますし
そもそも業者が行うことは違法です。
ネット上の書き込みの削除要請は弁護士に相談依頼していただきたいと思います。
( 2017/02/28 00:00 ) Category 弁護士 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR