弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第248回 借用証がなくても貸したお金は返してもらえる? 

法律相談に乗っていると
たまに借用証がないと貸したお金を請求できないんじゃないか
と相談を受けることがあります。

逆に借用証がないから返さなくてもいいと思っている人も
いるようです。

結論から、言うと、そんなことはありません。

借用証がなくても、相手に貸金の返還請求をすることは
可能ですし、
借用証がないからと言って、借りたお金を返さなくてもよいということにはなりません。

ただし、借りた方が借りたことを認めていない場合は
お金を貸した方は、お金を貸したことを証明しなければなりません。

その証明方法として、相手の署名捺印がある借用証があった方がよい
ということになります。

ただ、借用証がなくても
相手の銀行預金口座に振り込んだ振込依頼書や通帳、
お金を貸してほしい、あるいは
お金の返済はいつまで待ってほしい等の
メールのやり取りがあれば
お金を貸した証拠となります。

メールのやり取りでなく
今はラインでやり取りをすることも
少なくありません。

このラインのやり取りも内容によっては
お金の貸し借りの証拠となります。

以上のとおり、借用証がなくても
貸したお金の返還請求ができます。
ただし、相手が借りたことを認めていない場合は
借用証がなくてもいいですが、
お金を貸した証拠が必要となります。

ただ、お金を貸し借りする場合は
借用証を作成するのが一番いいので
なるべく借用証を作成するようにしてください。


( 2017/05/30 00:00 ) Category 債権回収(貸金、売掛金、損害賠償) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR