弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第260回 負動産時代とは? 

先日、朝日新聞で「負動産時代」という記事を見ました。
みなさんも、読んだことがあるかもしれません。

別荘地や山林を
マイナスの資産として
所有者が手放したがっている
という話です。

マイナスの資産だから
「負動産」と名付けたようです。
ただ、「負動産」と名付けたのが朝日新聞かどうかはわかりません。

この問題は、ずいぶん前から弁護士のところに相談が
あった話なのです。

別荘地や山林を一度買ってしまった場合
固定資産税や管理費がかかります。
貸したりできなければ収益は生みません。
別荘地や山林ですから、
そこに住んで生活することもできません。
したがって、マイナスの資産ということになります。
別荘地の場合、共同で道路などの管理費を負担している場合もあって
その管理費を免れられないというケースもあります。

そのマイナスの資産を手放そうとしても
不動産の場合捨てることができないので
売るか、あげるか、相続の際に相続放棄をするしか
手放す方法がありません。

しかし、売るも、あげるも、
相手が買ってくれる、もらってくれることを承諾しなければなりません。

マイナスの不動産を、買う人はもちろん、ただでもらってくれる人もいません。
そこで、不動産を手放すには
相続の際に相続放棄をするしかありません。
しかし、別荘や山林を持っている人は
どちらかと言えばお金持ちで
他にも自宅や預貯金等資産があるケースが圧倒的に多いです。
そうなると、相続放棄をすると
その自宅や預貯金も相続できないということになってしまいます。
したがって、相続放棄はできないのです。

このように、今はマイナスの資産となる不動産もあるのです。
国や地方公共団体が全て無償で取得して管理するという
法律を作るくらいしか解決方法はないですが
今の国や地方公共団体に
役に立たない土地の管理をする財政的な余裕があるか
という問題があり、
そのような法律は今はないので
なかなかうまい解決方法はありません。


( 2017/08/29 00:00 ) Category 相続・遺産分割 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR