弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第264回 積水ハウスが55億円をだまし取られた 

ハウスメーカー大手積水ハウスが
土地取引で55億円もだまし取られたことが
報道されました。

報道によると
品川区の土地を63億円で購入し
代金を支払ったところ
受け取った所有権移転登記に必要な書類の
一部が偽造されたものだった
ということのようです。

所有者だとして、面談し契約を締結した相手は
所有者本人ではなかったそうです。

要するに、ドラマか映画にあるような
詐欺に、積水ハウスのような大手企業が
引っかかってしまったということです。
しかも、その額63億円。
一部に預かり金があったため
損害額は55億円だったようです。
55億円でもすごい額ですね。

弁護士は職業上、土地の売買などの代理人となることは
多いです。
債務整理や遺産分割など、
どちらかと言えば
売却する側の方が多いです。
売却する側の代理人でも
土地の登記書類を渡してしまって
代金が振り込まれない
ということが怖いですから
55億円の取引でなくても
かなり緊張はします。
ただ、売却する方は
代金の入金前に書類を渡すことをしない点に
注意すればよいので
買う方に比べれば少し楽になります。

不動産の買う方の代理人となると
物件に欠陥があるかもしれませんし
優先する登記などが売買の直前に設定されてしまう可能性もあります。
また、今回の事件のように登記に必要な書類を
受け取ったものの偽造書類の可能性もあります。

不動産の売買は買う方の方が何倍も難しいこととなります。

騙す方は故意でやっていますから
発覚したときには逃げているし
お金はどこか追及されないところに隠してしまうでしょうから
法律上取り戻す権利があっても
実際に取り戻すことは難しいです。

したがって、不動産の売買には
十分気を付けた方がよいと思います。

( 2017/09/26 00:00 ) Category 刑事事件 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR