弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第278回 やはり管理組合の理事長は解任可能に 

第275回 最高裁は結論を変えるときだけ開かれる
でお話ししたマンションの管理組合の理事長を理事会は解任できるか
という点について
最高裁は、予想通り、原審の解任できないという結論を覆して
解任できると判断しました。

最高裁は、結論を変えるときだけ開かれる原則からすれば
予想は簡単でしたね。

今日は、中身の話をします。
みなさん、マンションに住んでいる方も多いと思いますが
マンションは、各戸の所有者が共同して一棟のマンションを所有しており
各所有者は、管理組合のメンバーとして
管理や修繕などを管理組合で決めることとなります。
日常的な細かいことまで、いちいち管理組合の総会で決めることは
集まるだけでも大変なので
普段は、管理組合の組合員の代表である理事が集まって話し合って
決めていくこととなります。
管理組合が契約などを締結する場合に
代表者として署名捺印をするのが、
マンションの管理組合の代表者である理事長となります。

では、この理事長を理事会で解任できるかが
なぜ問題となるのかというと、
管理組合の規約に
理事会が理事長を選任できるとは書いてあるけれども
解任できるとは書いていないので
解任できるかどうかが争いになっていたのです。

同じ議論が以前の商法でもあって
管理監督のために選任権があるのだから
解任権も、当然あるという解釈がなされていました。

そこで、僕は、マンション管理組合でも当然
解任権があると思っていました。

しかし、本件では、一審も二審も
選任権はあっても解任権はないと
判断したようです。
なぜなのかは、一審二審の判決を見ていないので
わかりません。

トラブルになる場合は
一方は当たり前だと思っていても
相手はその反対が当たり前と思っていることも多く
裁判で決着しないと解決できないということも
多いです。

みなさんがそのようなトラブルの当事者にならないことを
願っています。

今年はこれで終わりです。
今年もありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
では、また来年もよろしくお願いします。
( 2017/12/26 00:00 ) Category 不動産 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR