弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第282回 仮想通貨580億円が流出 

昨年は相場が急上昇して高額所得者を出したと思えば
今年になって相場が急落している仮想通貨。

芸能人を使用したCMで知名度を上げていた
仮想通貨取引業者であるコインチェックが
サーバー攻撃に遭い
580億円もの仮想通貨を流出させてしまったという
事件が起きました。

これについて、コインチェックは、顧客に対し、全額補償することにしたようです。

補償しなければ、
顧客はサイバー攻撃に遭ったときには損をすることになると考え、
今後コインチェックと新たな取引しないでしょうし、
今、他の通貨で取引している顧客も、
同様にコインチェックは危ない会社と考え
他の業者に移してしまう可能性があります。

また、今回の事件の原因は、
ネットにつないで管理していたことと、
秘密鍵を複数に分割した上で
分離して管理していなかったことなどが原因とされていますので
補償しないと言ったとしても
顧客から損害賠償請求をされ、
その損害賠償請求は裁判で認められる可能性があります。

これらの理由から、コインチェックは顧客への全額補償を認めたと思います。

しかし、これで一件落着ではありません。
この場合でも会社が580億円の損害を被ったことには変わりがありません。
コインチェックの資産や収益がどれくらいかわかりませんが
この580億円の損失で経営が傾いてしまえば、
全額補償をすると言ったところで
民事再生や破産などの倒産をすることとなり
全額は支払えません。

そうなれば、顧客は損を被ることとなります。
仮想通貨の取引を行う人は
相場の上げ下げによる損のリスクもありますが
サイバー攻撃による仮想通貨取引業者の安全性のリスクも見極めて
取引を行う必要があるようです。





( 2018/01/30 00:00 ) Category 話題の裁判・事件 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR