弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第286回  非正規社員に手当は不要? 

前回もセクハラ問題で、
労働問題でしたが、
今回も非正規社員の手当の問題で
労働問題です。

大阪地裁で、郵便局に勤務する
非正規社員が正社員と手当の不均衡を理由として
未払の手当を請求した訴訟について
判決が出されました。

以前にも、住居手当等については
非正規社員にもその趣旨が当てはまることから
支給しないことは違法とされる判決が出ていました。

今回、裁判所は
扶養手当について、
親族の生計を維持するのは
非正規社員にも正社員と同様の負担を生じていることから
非正規社員に対しても
支給をしないと、
労働契約法20条で禁止する不合理な待遇格差に該当し
違法だと判断しました。

しかし、扶養手当は、長期間勤務を前提とする正社員について
扶養家族を養う負担を軽減することにより
長期間の勤務を可能にするという目的がある手当であるとも言えるので
正社員のための手当だという判断もありえたと思います。

この点は、争いようがあると思いますので、
高裁や最高裁がどのような判断となるか興味がありますね。
ただ、会社や事業者のみなさんは
この点をどう扱うか微妙なところになります。

( 2018/02/27 00:00 ) Category 企業法務 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR