弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第290回 小型犬が飛び出して1284万円の賠償責任 

最近は犬をペットとして飼う人が増えていると聞きます。
そんな愛犬家に警鐘を鳴らすような
判決が出たので、取り上げます。

飼い主がミニチュアダックスフントにリードを付けて
散歩していたところ、ダックスフントが急に走り出したため
買主がリードの手を離してしまいました。
ダックスフントはランニング中の男性のところに飛び出し
男性はダックスフントを避けようとして
転び、骨折して右手首が曲がりにくい等の後遺症が
残ってしまいました。

そこで、男性はダックスフントの飼い主に対し
転んでけがをしたことについて治療費や
後遺症による将来の収入の減少分や
慰謝料を請求しました。

判決では、動物は予想できない行動をとり
飼い主は散歩の際はつないでおく義務があるとして
事故は飼い主がリードから手を離したため起きたことから
過失は重いと判断し、
1284万円の賠償責任を認めました。

飼い主は、保険に入っていたようで、
この訴訟では、保険会社も被告となっていたようです。

今回の判決のように、ペットが原因で起きた事故について
たかが犬のやったことだから、買主には責任はない、
では済まされない場合もあります。
むしろペットが原因で起きた事故については
飼い主が全面的に責任を負うというのが
法律の原則です。
犬を飼う方はペットが病気になった場合の医療保険だけでなく
ペットによる賠償責任保険にも加入する必要があると思います。

( 2018/03/27 00:00 ) Category 債権回収(貸金、売掛金、損害賠償) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR