弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第299回 破産前の財産隠しは犯罪です。 

破産する際に、
債権者に全て財産を渡してしまうのは惜しいし、
破産後はしばらく収入が無くなってしまうだろうから
少しでも財産を手元に残しておきたい
と思うのは、仕方のないことだと思います。

しかし、それをしたら、破産法違反として
刑事罰を受けることとなります。

また、破産の目的は、破産手続後は
借金などの債務を返さなくてよいという
免責決定を得ることにありますが
免責もでなくなってしまいます。

報道によると、
家電通販サイトの運営会社社長が
破産法違反の罪で懲役3年の実刑判決を
受けました。
理由は、破産手続開始前に
1億1000万円を引き出して隠したうえに
破産管財人に自分の預金口座から引き出した
1890万円について知人に返済したと
嘘の説明をしたということです。

破産をすると、
これまで築いた財産を失うことにはなります。
しかし、借金や支払いもしなくてよいこととなります。
財産を隠したい気持ちはわかりますが
それは、刑罰を受けたり、免責が受けられなくなったり
と自分のためにもなりません。
破産する方は、くれぐれも注意してください。


( 2018/05/29 00:00 ) Category 話題の裁判・事件 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR