弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第303回 個人情報流出の損害は500円以内? 

大分前となりますが
2014年にベネッセコーポレーションから
顧客情報が流出しました。
そのとき、ベネッセコーポレーションが個人情報が
流出した顧客に500円の商品券を配布したことから
個人情報の流出の慰謝料は
500円より高いのか低いのかと
議論されてきました。

この度、東京地裁でこの件に関し
判決が出されました。

訴えを起こした原告は
個人情報流出により
営業電話やダイレクトメールを受けたり
詐欺などの犯罪に利用される恐れがあるとして
慰謝料の請求を求めました。

これに対し、ベネッセ側は
流出情報を利用した勧誘行為があったとしても
日常的によくあることなので
損害とまでは言えない
と反論しました。

裁判所は、
氏名や住所などの情報は
思想信条や性的指向などの情報に比べ
他者にみだりに開示されたくない
私的領域の情報としての性格は低いと指摘した上で
原告側に個人情報流出により実害が生じていないとして
ベネッセがお詫びの文書と500円の金券を配布したことを考慮して
損害賠償請求を認めませんでした。

この判決から判断すると
個人情報流出の慰謝料は
500円未満だということになります。

あるいは、実害が生じない限り
損害賠償請求は発生しない
ということなのかもしれません。

みなさんは、どう思いますか?
( 2018/06/26 00:00 ) Category 企業法務 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR