弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第304回 2022年の4月から18歳で成人となります。 

2022年4月1日から18歳で成人となります。
ただし、お酒やギャンブルは
20歳にならないとできません。

では、18歳で成人となると何ができるようになるのでしょうか。
一足先にできるようになった選挙ができるようになります。
それから、結婚ができるようになります。
これまでも18歳で結婚することは可能でしたが
親の同意が必要でした。
これからは18歳になれば親の同意なしに結婚できるようになります。
女性の結婚は16歳から可能でしたが
法改正により親の同意があっても16歳では結婚はできなくなります。

親の同意がなくても、契約を結ぶことができるようになります。
逆に言うと、これまでは騙されても親の同意がない場合
取り消すことが可能でしたが
これからは、18歳以上が結んだ契約は親の同意がなくても有効なので
取り消すことが難しくなります。

これがかなり問題となることが予想されます。

これまでは、20歳になると
酒、たばこ、ギャンブルができるようになる代わりに
契約は取り消せなくなるし、責任は重くなることが
大人(成人)になることだということで
わかりやすかったですが
2022年からは
大人になることは
契約上の責任は重くなるけど
お酒は飲めないし、
たばこもギャンブルもできないということで
何のための成人かよくわからない
ということになります。

しかし、
これまで成人式は、お酒を飲んでお祝いをしてきたけれども
お酒は飲めないし、
18歳の1月に成人式を行うと
大学受験で、それどころではない
ということにもなりそうです。

法律が変わればそれに合わせた
成人式や成人となる意味は
出てくるとは思いますが
昔の成人からすると
何のための成人なのかなと
心配してしまいます。

ちなみに世界的には
18歳で成人だそうです。





( 2018/07/03 00:00 ) Category 話題の裁判・事件 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR