弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第308回 生まれる前に親子のDNA鑑定が容易に 

日経新聞の記事によると
妊娠中の女性の胎児の父親が誰かを
妊娠の初期からDNAで鑑定できるサービスがあるそうです。

複数の男性と関係を持って妊娠してしまった女性が
どちらの男性の子供なのかを確認するために利用する
と考えられますが、
逆に、女性が男性から自分の子なのかと疑われたときに
男性との子であることを証明するためにも利用することが
考えられます。

現実には、以下のようなケースがあり
このようなケースの解決に役に立ちそうです。

女性が過去に関係を持った男性に対し、
妊娠したから、中絶費用と慰謝料を請求し
それを支払ってくれないのであれば
子供を産んで認知を請求し、
養育費等を請求すると要求します。

これまで男性は、関係を持った回数の少なさや
女性が他にも関係を持った男性がいると
疑いがあっても
子供が生まれてしまい、
自分の子供だとすると
大きな責任が発生してしまいますから
要求を呑まざるを得ないことになりがちでした。

しかし、妊娠初期でも、DNA鑑定により、
親子関係がはっきりするのであれば
疑いがある場合は
この鑑定を利用して、親子関係を確認してから
結論を出すことが可能となります。

ただし、鑑定を強制することは難しいので
女性が鑑定を拒否した上で
女性を疑い中絶費用や慰謝料を支払わないのであれば
子供を産むと主張された場合には、
鑑定を拒否するくらいだから
嘘だということを前提に
支払わないとするかどうかは
微妙ですね。

でも、妊娠初期に父親かどうか親子の鑑定が容易にできる
ということは、画期的だと思います。
費用は、ちょっと高く、15万円~20万円だそうです。
( 2018/07/31 00:00 ) Category 離婚 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR