弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第323回 日産のゴーン会長逮捕 

フランスのルノー、日産自動車、三菱自動車の会長を務めている
カルロス・ゴーンが金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で逮捕されました。

上場している会社は、有価証券報告書を内閣総理大臣宛てに提出しなければなりません。
その有価証券報告書の記載内容に基づき
投資家が会社の財務内容を把握して、投資をできるようにしているのです。
そこで、その有価証券報告書に誤りがあると
投資家の判断を誤らせることになることから
有価証券報告書の内容に虚偽がある場合は
刑罰が科されることとなっています。
これが有価証券報告書の虚偽記載罪ということになります。

その刑は10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金となっています。

今回逮捕の容疑となった虚偽記載は、50億円の役員報酬を記載していなかった
ということです。

金額的に大きかったことから逮捕となったと思われます。

しかし、逮捕後の報道では、
子会社を利用して、会社に自宅を買わせて無償で利用していたことや
会社の業務を行っていないお姉さんとコンサルティング契約を結んで
多額の金銭を支払っていた疑いがあると言います。

これらは、会社法上の特別背任に当たる疑いがあります。
これらも罰せられることになるのかどうか
今後の捜査では注目ですね。

これが、株を100%ゴーンが持っているオーナー企業で、上場していない会社あれば
あまり問題はなかったのですが、
日産等は、上場企業であり、100%のオーナー企業でもなかったのですから、
公私混同は許されません。

そういう意味では、上場していない100%のオーナー企業の方が
経営は楽ということになります。


( 2018/11/27 00:00 ) Category 企業法務 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR