弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第344回 最高裁判所で裁判をしてみたい 

最高裁判所の裁判について
みなさんは、テレビのニュースで見たことがあると思います。
正確には、裁判が始まる前の法廷の様子のみで
裁判をしているところは撮影は許されていません。

弁護士はいま日本に約3万人いますが
この最高裁判所で裁判をしたことがある弁護士は
少ないんです。

かくいう私も最高裁判所で裁判をしたことはありません。

なぜかというと、そもそも最高裁判所は憲法の裁判所なので
上告するには憲法違反、あるいはこれまでの最高裁判所判決に違反する
というような特別な事件しか扱わないので、
上告をしたり、されたりすることは、
普通の弁護士は少ないからです。

それから、これが最高裁判所で裁判をしたことがある弁護士が少ない大きな理由ですが
最高裁判所は、上告を認めるときしか裁判を開きません。

地裁や高裁の裁判は、勝つにしても、負けるにしても
裁判が開かれます。
しかし、最高裁での裁判は、上告が認められるときしか開かれないのです。
ただでさえ、上告したり、されたりということは少ないのに
さらに、上告が認められるときしか裁判が開かれないのです。

だから、最高裁判所で裁判をしたことがある弁護士は、
本当に少ないと思います。

最高裁判所で裁判が開かれるときは
上告が認められるときですから
高裁で敗訴した方が最高裁では勝訴することになります。
逆に高裁で勝訴した方が最高裁で敗訴することになります。

即ち、最高裁で裁判を開くという連絡が来たときには
裁判の勝敗もわかってしまうのです。

せっかく弁護士になったのですから
1度は最高裁判所で裁判をしてみたいものです。

しかし、弁護士人生のうち、たった1度かもしれない最高裁判所での裁判で
高裁判決をひっくり返して勝訴した弁護士もいれば
反対に、高裁判決をひっくり返されて敗訴した弁護士もいるんですよね。

せっかくの最高裁判所での裁判が
高裁での判決をひっくり返される方だったら
ショックですね。
それなら、最高裁判所で裁判はやらなくていいですね。
( 2019/05/07 00:00 ) Category 訴訟・裁判 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR