弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第349回 遺産分割協議成立前に預金が下ろせるようになりました(改正相続法3) 

7月1日から施行される改正相続法の説明の3回目となります。
今回は、遺産分割協議成立前でも預金が下ろせるようになった
というお話です。

以前は、預金は金銭債権だから、各相続人は自分の相続分は
直接銀行に行って下ろせるというのが最高裁判例でした。
しかし、平成28年の最高裁判決により
預金債権は遺産分割の対象財産であって、
単独で払い戻しをすることはできないこととなりました。

こうなると、銀行に被相続人の死亡を知らせた場合口座が凍結され、
遺産分割協議が成立するまで預金を下ろせないこととなってしまいますから、
例えば夫の収入(預金)で生活をしていた妻などは
急に生活資金が無くなってしまい困ることとなります。

また、本人の預金が下ろせないため
本人が亡くなるまでの入院費用が払えない、
葬儀費用が払えないなどの問題が起きてしまいます。

そこで、今回の改正相続法では
遺産に属する預貯金の一定額を
遺産分割協議が成立しなくても
相続人の1人が下ろすことを認めました。

どれくらい下ろせるかというと
預金額の3分の1×法定相続分となります。
例えば、Aさんが妻Bと子供2人がいて
預金600万円を残して亡くなったとします。

この場合、妻Bは、預金額の3分の1×法定相続分2分の1=6分の1である
100万円を遺産分割協議成立前でも下ろすことができます。

では、複数の銀行に預金があった場合はどうなるでしょうか。
この場合各銀行ごとに払い戻し限度額を計算することとなります。
先ほどの例で、AさんはA銀行に600万円、B銀行にも600万円残していた場合は
妻BはA銀行から100万円、B銀行からも100万円の合計200万円を
下ろせることとなります。

また、先ほどの例で預金が1000万円あったらどうなるでしょうか。
預金額の3分の1×法定相続分2分の1=6分の1は166万6666円となります。
しかし、法律では、1金融機関で150万円が限度とされています。
したがって、1つの銀行で預金が1000万円あっても、
妻Bは166万6666円を下ろすことはできず
150万円までしか下ろせないということとなります。
預金が1つの銀行に2000万円あっても
150万円しか下ろせないということとなります。

1つの銀行での限度額が150万円と決まっているために
預金が1つの銀行に何千万円もあった場合でも
150万円しか下ろせません。
そうすると、葬儀代は支払えても生活に困る方も出てくるでしょう。

その場合には、仮払いの仮処分を裁判所に申し立てることにより
銀行預金を下ろせることとなります。
何千万円もの預金があるけれども遺産分割協議が成立しないので
相続税が払えないということはよくあることです。
そういう場合には、仮払いの仮処分を利用することが可能です。

これまでは、保全のj必要性が厳格でしたが
共同相続人の利益を害しない限り
家庭裁判所の判断で仮払いが認められるようになりました。

このように改正相続法では、預金の払い戻しについて
少し便利になりました。







( 2019/06/11 00:00 ) Category 相続・遺産分割 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR