弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第356回 吉本興業の芸人が従業員でないとしても 

前回、吉本興業の芸人は従業員かで
お話ししましたが、
芸能人やスポーツ選手の場合
従業員か、個人事業主なのかは
なかなか難しい問題があります。

特に吉本興業の芸人に関しては
おそらく吉本興業経由でしか仕事を受けてはいけないのでしょうし
芸人の肖像権等の管理も吉本興業で一括管理しているでしょうし
吉本興業の指揮命令には従わざるを得ない関係にあるのではないかと推測されますから
従業員と言える可能性は大きいと思います。

ただ、芸人は個人事業主だとしても、
今度は、圧倒的に力の強い吉本興業が芸人に対し
有利な条件で取引をするために
契約書を作成していないのではないかと疑われることから
公正取引委員会は、契約書を作成していないことは
直ちに独占禁止法に違反するわけではないが
契約書を作成していないことで
優越的地位の濫用を誘発する可能性があるとコメントしたようです。

具体的にどういうことかというと
特定のイベントについて
ギャラを50万円支払うと約束して
出演をさせたとします。
ところが、そのイベントは天気が悪かったので
お客さんが入らなかったとします。

その場合に、契約書のないことをいいことに
売上がこれくらいだったから
それに見合うギャラしか支払わないとする
ということです。

一般の芸人にとっては、吉本興業との契約を切られてしまえば
芸人としての働き口がなくなるのと同じですから
従わざるを得ないことになります。

これが独占禁止法上の優越的地位の濫用ということになります。

優越的地位の濫用というのは
一方が圧倒的に力が強い場合、その力を利用して不当な取引条件を
相手に飲ませてしまうということになります。

吉本興業と芸人が雇い主と従業員という雇用関係でないとして
吉本興業と個人事業主である芸人との取引だとしても
吉本興業と一般の芸人との間では圧倒的な力の差があることから
吉本興業が芸人に対し不利な取引条件を飲ませるのであれば
独占禁止法の適用が問題となるということなのです。



( 2019/07/30 00:00 ) Category 企業法務 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR