弁護士高島秀行の資産を守り残す法律

資産を守り残すために事前に備える賢い法律利用方法

第49回 ネットバンキングで不正に引き出されたら? 

銀行の店舗には行かなくても、
パソコン上で振込などが可能となるネットバンキングは、
利用者にとってとても便利です。

しかし、報道によると、
ネットバンキングで、IDやパスワードが盗まれ
不正に引き出された預金額が
2012年の1月から6月の半年で、なんと約2億円だそうです。
ネットバンキングは便利ですが、
IDやパスワードを盗まれ、
なりすましにより預金が不正に引き出されるリスクがあります。

このなりすましにより、預金が引き出されてしまった場合
預金はどうなるのでしょうか。
預金者が損をするのでしょうか。
それとも、銀行が損をするのでしょうか。

この点、キャッシュカードについては、
偽造されたり、盗難されたりして、
ATMから預金を下ろされてしまった場合には、
銀行が損を負担し、
預金者は不正に引き出されてしまっても
銀行に預金の払い戻しを請求できるという法律があります。

この法律は、
一般的に「預金者保護法」と呼ばれています。

この預金者保護法は、
キャッシュカードの盗難・偽造のケースを保護する法律で、
ネットバンキングについては適用がありません。
そうなると、ネットバンキングで、
IDやパスワードを盗まれて不正に引き出されてしまうと、
全額預金者の損になるように思えます。

しかし、全国銀行協会は、
この預金者保護法の適用がないネットバンキングについても、
預金者がインターネットバンキングのIDやパスワードを
他人に知られないよう管理していた場合には、
銀行が損害を負担し、
預金者は引き出されてしまった預金の払い戻しを
銀行に請求できるという取り決めをしています。
そして、全国銀行協会には、
主要な銀行は全て加盟していることから、
ネットバンキングでIDやパスワードを盗まれて
預金を引き出されてしまっても、
銀行に払い戻しを請求できることとなります。
ただし、預金者のIDとパスワードの管理方法方によって、
補償される額が全額でなく75%に減額されたり、
0%になったりしてしまうので、
IDやパスワードをきちんと管理しておくことが必要です。
( 2013/07/30 00:00 ) Category 話題の裁判・事件 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

弁護士 高島秀行

Author:弁護士 高島秀行
第一東京弁護士会所属
東京都港区虎ノ門で
高島総合法律事務所経営
昭和40年生まれ
昭和63年慶応義塾大学法学部
法律学科卒業
平成6年弁護士登録

著書
『訴えられたらどうする!!』
『相続・遺産分割する前に読む本』
『企業のための民暴撃退マニュアル』
『Q&A改正派遣法早わかり』

QRコード
QR